内堀醸造のお酢、米酢、黒酢、すし酢、フルーツビネガー、ワインビネガーは、厳選した素材のみを用いた体にやさしい商品です。

内堀醸造株式会社

トップページ > レシピ

酢のレシピ

Category

「 ご飯物・麺類 」 おもてなしに、お祝いごとに、ふくさ寿司  

<< 材料 >>

3個分
ご飯‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1合分(約320g)

≪すし酢≫
「甘酒米酢」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ2
砂糖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
塩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ2/3

干し椎茸‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥2個
干し椎茸の戻し汁‥‥‥‥‥‥‥‥200ml
にんじん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥1/3本
れんこん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥5cm
「甘酒米酢」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
しょうゆ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1
砂糖‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1

卵‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥3個
片栗粉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1
水‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥小さじ1

三つ葉‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥お好みで
いくら‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥お好みで

【ポイント】
・おもてなしやお祝い事などめでたいときに喜ばれる華やかなお寿司です。お花見やお祭りに持っていけば、可愛らしいお弁当に仕上がります。
・新商品「甘酒米酢」を使えば、砂糖の量を通常よりも少なくして作ることができます。甘酒の甘味とうま味が五目の具材やすしご飯の味付けにぴったりです。
・溶き卵に片栗粉を加えることで、薄焼き卵がくずれにくくなります。さらに、溶き卵をこすひと手間で薄焼き卵が綺麗に焼きあがります。竹串を使うと上手くひっくり返せます。

<< 作り方 >>

1.干し椎茸はたっぷりの水に入れて戻し、水気を切って、軸を切り落として笠を5mm角に切る。戻し汁(200mlほど)はキッチンペーパーをのせたザルを通してこす。にんじんは5mm角の細切りにして、端から薄切りにする。れんこんは5mm角に切る。三つ葉は熱湯でさっと茹でる。
2.鍋に1.、戻し汁、「甘酒米酢」、しょうゆ、砂糖、を入れて火にかけ、弱〜中火で汁気がなくなるまで煮詰める。
3.≪すし酢≫の材料を混ぜ合わせる。ご飯があたたかいうちに≪すし酢≫と2.を加えて、切るように手早く混ぜ、ある程度ご飯が≪すし酢≫を吸ったら、うちわ等で扇いで一気に冷ます。
4.片栗粉は水で溶き、溶き卵に加えて混ぜ合わせ、ザルを使ってこす。フライパンに油(分量外)を熱し、溶き卵を流し入れ、弱火で直径20cmほどの薄焼き卵を3枚作る。
5.3.を3等分にしてラップで包み長方形に整えたら、薄焼き卵にのせてふくさ包みにする。三つ葉で結び、いくらを飾りつければできあがり。

おすすめの商品

「甘酒米酢」

自社で米と米麹から造った甘酒と純米酢を合わせて、おだやかな酸味に仕上げました。
甘酒の甘味とうま味が特長です。
いつもの酢よりも砂糖や塩の量をおさえてお使いいただけます。

内堀ブログ「ビネガー通信」

Copyright© Uchibori Vinegar, Inc. All Rights Reserved.