内堀醸造のお酢、米酢、黒酢、すし酢、フルーツビネガー、ワインビネガーは、厳選した素材のみを用いた体にやさしい商品です。

内堀醸造株式会社

トップページ > レシピ

酢のレシピ

Category

「 ご飯物・麺類 」 カラフルごはんの手巻き寿司  

<< 材料 >>

(4人分)
ごはん・・・3合

《合わせ酢》
「まろやか酸味の米酢」・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ4
塩・・・小さじ2

《厚焼き玉子》
卵・・・2個
砂糖・・・大さじ1

《まぐろのたたき》
まぐろの切り落とし・・・100g
「臨醐山黒酢」・・・小さじ1と1/2
しょうゆ・・・小さじ1/2

《ツナの三杯酢がけ》
ツナ・・・1缶
「三杯酢」・・・大さじ1

お好みの刺身・・・適量
万能ねぎ・・・4本
やまいも・・・適量
黄身(ごはん色付け用)・・・1個
桜でんぶ(ごはんの色付け用)・・・大さじ1
のり(手巻き用)・・・適量

【ポイント】
・黄色やピンクのカラフルなシャリでテーブルが華やぐパーティー向けの手巻き寿司です。
・「まろやか酸味の米酢」を使うことでツンとする酸味がなく、お子様も美味しくお召し上がりいただけます。
・ごはんの色付けの際、生の黄身が苦手な場合は、茹で玉子の黄身をほぐしたもので代用できます。黄身の量は、色と味を見て調整してください。
・厚焼き玉子は、熱いうちに巻きすで形を整えるときれいな形に仕上がります。
・合わせ酢は、市販のすし酢で代用できます。すし酢の場合は、120t入れてください。

【代用できる商品】
・本造り米酢
・有機純米酢
《すし酢を使用するの場合》
・特選すし酢
・有機すし酢
・すし酢祭りばやし
・利尻昆布だし入りすし酢
・すし酢
・だし入りすし酢甘口

<< 作り方 >>

1.ごはんを少し固めに炊き、熱いうちによく混ぜ合わせた《合わせ酢》をまんべんなく振りかけ、切るように混ぜる。シャリを3等分に分け、1つに黄身(生)をしっかり混ぜ合わせ、もう一つに桜でんぶを混ぜる。冷めるまでしばらく置いておく。
2.《厚焼き玉子》
材料を混ぜ合わせ、フライパンで厚焼き玉子を作り冷ましておく。
3.《まぐろのたたき》
まぐろの切り落としを包丁でたたき、「臨醐山黒酢」としょうゆをしっかり絡める。
4.《ツナの三杯酢がけ》
ツナ缶の油を良く切り、「三杯酢」とよく混ぜておく。
5.刺身、やまいも、厚焼き玉子、万能ねぎを巻きやすい大きさに切り、皿に盛り付ける。ツナとまぐろのたたき、シャリも盛り付け、手巻きのりをかるく火であぶって焼いて出来上がり。お好みのシャリと具材をのりで巻いてお召し上がりください。

おすすめの商品

「まろやか酸味の米酢」

自然に恵まれた山間の醸造所で米を主原料に酒造りからはじまり、中央アルプスの伏流水を使用して醸造した風味のまろやかな米酢です。香りがよく旨みがありますので酢の物やお寿司などによく合います。

内堀ブログ「ビネガー通信」

Copyright© Uchibori Vinegar, Inc. All Rights Reserved.