2020年9月「美濃特選だし酢」新発売!

9月 8th, 2020

削りたての枕崎産かつお枯節と利尻昆布から、自社でとった一番だしを贅沢に使用しています。原料を厳選し、まろやかな酸味と上品な味わいに仕上げました。
かけて、和えて、漬けて、焼いて、煮てなどの様々な料理にそのままお使いいただけます。

酢は体にもいいし、美味しいので、いろんな料理に使って家族にも美味しく食べてもらいたい!

・これ1本で、いろいろな料理に使える万能酢
・酸味がまろやかなこだわりの酢を使用
・たっぷりのだし、こだわりの酢、甘酒、三温糖をバランスよくブレンドし、まろやかな酸味に仕上げました。

こだわりの一番だし

酢専門メーカーならではのこだわりの酢

【米酢】

国産米を自社で精米して、米麹を使って丁寧に造られた米酢と隠し味に酒かすを使った粕酢をブレンドしています。

【米黒酢】

国産玄米米麹によって丁寧に造られた米黒酢。
米の甘味とうま味がたっぷりと含まれます。

【美濃特選だし酢】を使ったレシピ

一番だしをたっぷりと使っているので、野菜にかけるだけ、漬けるだけ、肉や魚を煮るだけ、焼くだけで、いろいろな料理が楽しめます。
上品な甘味とまろやかな酸味で、お酢を美味しく簡単にお召し上がりいただけます。

かけるだけ!ツナオニオンサラダ

材料(2人分)

たまねぎ … 1個
ツナ(缶詰) … 1/2缶
本品 … 大さじ2~3

【作り方】

1.たまねぎはスライスし、水にさらして水けを切る。

2.①と油をきったツナを皿に盛り、本品をかける。

和えるだけ!酢の物

材料(2人分)

ゆでたこ(足) … 1本
きゅうり … 1/2本
わかめ(戻して) … 20g
本品 … 大さじ2

【作り方】

1.たこは薄くそぎ切り、きゅうりは薄く輪切りにする。

2.器に①とわかめを盛り付け、本品をかけて和える。

※具材は他にも、帆立貝柱、じゃこ、大根おろしなどお好みでお楽しみください。

漬けるだけ!和風ピクルス

材料(2~4人分)

大根 … 5~6cm(100g)
にんじん … 1/3本
きゅうり … 1/3本
みょうが … 1本
たまねぎ … 1/4個
本品 … 1/2カップ
鷹の爪 … お好みで

【作り方】

1.野菜を食べやすい大きさに切る。

2.清潔な容器(瓶や保存袋)に①と本品、鷹の爪を入れて、冷蔵庫で半日ほど漬け込む。

焼くだけ!ぶりの照り焼き

材料(2人分)

ぶり(切り身) … 2切れ
塩 … 適量
本品 … 大さじ4
サラダ油 … 適量

【作り方】

1.ぶりの両面に塩をふって10分ほどおき、水けをふく。

2.フライパンにサラダ油を熱し、中火でぶりの両面を焼く。

3.紙タオルで余分な油をふき取り、本品を加え、ぶりを返しながらとろみがつくまで煮絡ませる。

煮るだけ!鶏手羽元のさっぱり煮

材料(2人分)

鶏手羽元 … 6本
ゆで卵 … 2個
★本品 … 150ml
★水 … 150ml
★しょうゆ … 大さじ1
★生姜(チューブ) … 小さじ1

【作り方】

1.鍋に★を入れ、火にかける。

2.沸騰したら、鶏手羽元とゆで卵を入れ、落し蓋をして弱火で20分ほど煮こむ。

※お好みでにんにくや蜂蜜を加えてもおいしく出来ます。

野菜の揚げびたし

材料(2人分)

お好みの野菜
(なす、かぼちゃ、赤パプリカ、ししとうがしなど) … 適量
サラダ油 … 適量
本品 … 適量

【作り方】

1.野菜は食べやすい大きさに切る。

2.フライパンにサラダ油を1cmくらい入れて加熱し、野菜を揚げ焼きにする。

バット等の容器に本品を入れ、野菜が熱いうちに浸す。粗熱が取れたら器に盛り付ける。

五目ちらし寿司

材料(4人分)

ご飯(炊きたて) … 米2合分
本品 … 大さじ4
トッピングの具材
(錦糸卵、絹さや、きざみのり、桜でんぶなど)
… お好みで

れんこん(水煮) … 80g
にんじん … 1/2本
生しいたけ … 2枚
かんぴょう … 30g
油揚げ … 4枚
★本品 … 1カップ
★本品 … 1カップ

【作り方】

1.れんこんとにんじんは皮をむき、厚さ2mmのいちょう切りにする。
しいたけは軸を切り落とし、薄切りにする。

2.かんぴょうはさっと洗い、塩(分量外)をふってもむ。
塩を流し、たっぷりの湯で柔らかくなるまで茹で、ザルに取って冷ます。水けをよく絞り、1cm幅に切る。

3.油揚げは熱湯を回しかけて油抜きをし、1cm幅の短冊切りにする。

4.鍋に★と①、②、③の具材を入れて火にかけ、汁気がなくなるまで煮詰める。汁気がなくなったら、火からおろして粗熱をとる。

5.ご飯が熱いうちに本品を回しかけて混ぜる。さらに④を加えてさっくり混ぜ合わせ、冷ます。

6.器に⑤を盛り、トッピングの具材を飾り付ければできあがり。

ご購入はオンラインショップで!

2020年3月「果汁たっぷり」シリーズにレモンが仲間入り!

3月 17th, 2020

飲みやすさにこだわった「果汁たっぷり飲むりんご酢」「果汁たっぷり飲むぶどう酢」にレモンが仲間入り!

●100%シチリアレモン果汁から作ったレモン酢使用
●はちみつとたっぷりの果汁を使った自然な甘味

ご好評頂いています 『果汁たっぷり飲むりんご酢・ぶどう酢』に、新フレーバーとしてレモンが仲間入りします。
また、レモンに含まれるクエン酸は、酢の酢酸と同じように酸味を持つため、酢独特の刺激的な酸味を和らげてくれます。

召し上がり方

本品1に対し、水や炭酸水2を目安に薄めてお飲みください。
ヨーグルトやアイスクリームにそのままかけてもよく合います。

レモン果汁の代わりに使うのもおすすめです !!

~お酒の割り材に~
サワーやハイボールなどに

~お菓子作りに~
パウンドケーキやチーズケーキに加えるとレモンの風味で華やかに仕上がります

アレンジが楽しい!お料理にも!スイーツにも!

ドレッシング

材料(2人分)

「果汁たっぷり飲むレモン酢」 … 30ml
サラダ油 … 10ml
塩 … ひとつまみ
ブラックペッパー … 少々

【作り方】

全ての材料を混ぜ合わせ、お好みのサラダにかけてお召し上がりください。

レモンのすっきりとした爽やかな風味が楽しめるドレッシングです。
お好みでにんにくやマスタードなどのスパイス、ハーブを加えてアレンジするのもおすすめ。

フルーツのヨーグルト和え

材料(2人分)

「果汁たっぷり飲むレモン酢」 … 大さじ1
ヨーグルト・・・大さじ1 … 大さじ1
フルーツ … 適量

【作り方】

1.果汁たっぷり飲むレモン酢とヨーグルトを混ぜ合わせます。

2.フルーツを適当な大きさに切って、①と和えれば出来上がりです。

フルーツのカラフルな彩りで気分が上がりますね!朝食や食欲がないときにおすすめです。
ヨーグルトの酸味とレモンのさわやかな風味がよく合います。

レモンレアチーズケーキ

材料(18cmケーキ型)

クリームチーズ … 200g
砂糖 … 60g
生クリーム … 200ml
粉ゼラチン … 10g
水 … 50ml
ビスケット … 60g
無塩バター … 40g

【作り方】

1.粉ゼラチンは水でふやかす。無塩バターは電子レンジまたは湯煎で溶かします。

2.ビスケットを袋に入れて細かく砕き、①のバターを加えてよく混ぜます。ケーキ型の底にしっかりと押さえて敷き詰め、冷蔵庫で30分ほど冷やしておきます。

3.クリームチーズは電子レンジで30秒ほど加熱して柔らかくし、クリーム状になるまで泡だて器でよく混ぜます。

4.③に砂糖を3回ほどに分けて加え、その都度よく混ぜ合わせます。果汁たっぷり飲むレモン酢、生クリームの順にそれぞれ数回に分けて加え、よく混ぜ合わせます。

5.①のゼラチンを湯煎で溶かし、④に加えてよく混ぜ合わせます。②のケーキ型に流し込み、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めれば出来上がりです。

ご購入はオンラインショップで!

2019年10月30日(水)東海テレビ「スイッチ」にて特集されました

11月 6th, 2019

2019年10月30日(水)東海テレビ【スイッチ】の「ご自慢めし!」コーナーで、弊社の製品が紹介されました!

番組内にて紹介された製品は下記よりご購入いただけます。

フルーツビネガー 有機りんごの酢

オリビネ オリーブオイルによく合うビネガー

臨醐山黒酢


番組紹介レシピ★豚肉ときのこの黒酢炒め

材料(2人分)
豚バラ肉(薄切り)… 150g
しめじ… 1/2株
エリンギ … 1本
にんにく(すりおろす)… 1片分
サラダ油 … 小さじ2
塩・こしょう… 適量
しょうゆ … 大さじ1
「臨醐山黒酢」… 大さじ3

キャベツ(千切り)… 適量
ミニトマト… 4個

【作り方】
1.しめじは石づきを切り落として小房に分ける。エリンギは長さを半分に切って1cm幅に切る。
2.豚バラ肉は食べやすい大きさに切って塩・こしょうをしっかりめに振る。
3.フライパンにサラダ油とにんにくを入れて中火で熱し、香りが出たら豚肉を入れて炒める。火が通ったらしめじとエリンギを入れてエリンギがしんなりするまで炒める。
4.しょうゆと「臨醐山黒酢」を加えて火を少し強めて煮絡め、汁けが少なくなり照りが出てきたら火を止める。皿に盛り付け、キャベツとミニトマトを付け合わせればできあがり。

調理のポイント
・きのこをたっぷり使った、ごはんが進むおかずレシピです。黒酢としょうゆの相性はぴったりで、簡単に味が決まります。キャベツの千切りと一緒に召し上がっても美味しいです。
・「臨醐山黒酢」は甘みとコクがあるので、肉の炒め物がしっかりとした味付けに仕上がります。しょうゆよりもたくさんの酢を使いますが酸味が気にならずさっぱりと食べられます。
・4.で照りが出るまでしっかり煮絡めることで、酸味が穏やかになり甘みとコクが出てより美味しくなるポイントです。