Archive for 5月, 2014

美濃特選本造り米酢

水曜日, 5月 28th, 2014

創業以来百有余年、伝統と技術を受け継いだ家伝の米酢です。
自社精米した国産米を使用し、米麹と酵母の力で発酵された日本酒(酢もろみ)から醸造しました。
米のもつ甘味と旨味を引き出し、香り豊かに仕上げました。
まろやかな酸味とほのかな甘味は、食材の美味しさを引き立てます。
酢の物や寿司だけでなく、煮物や炒め物にも隠し味としてお使いいただけます。
≪基本の合わせ酢レシピ≫
酢みそ (約4人分)

材料
美濃 特選本造り米酢 大さじ1
白みそ 大さじ2
砂糖を加えなくても、米酢と白みその甘味で美味しくお召し上がりいただけます。
お好みで少量の和からしを加えると、ぴりっと大人向けの酢みそができあがります。
酢みそ

≪アレンジレシピ≫

あんかけ焼きそば(2人分)

あんかけ焼きそば 材料
冷凍シーフードミックス 150g
白菜、人参、椎茸、長ねぎなど
お好みの野菜 適量
焼きそば用中華麺 2袋
生姜 (みじん切り) 1/2片
しょうゆ 小さじ1
ごま油 適量
美濃特選本造り米酢 大さじ2
水溶き片栗粉 小さじ2
・・・鶏ガラスープの素、しょうゆ 各大さじ1
水 1カップ

作り方
1.フライパンにごま油、みじん切りにした生姜を入れ弱火で炒め香りが出たら中華麺を加えてほごしながら炒める。面がほぐれたら、しょうゆを加えて焼きつけるように軽く押しながら焼く。パリッとしたら、皿に盛る。
2.フライパンにごま油を熱し、長ねぎを炒め、シーフードミックスを加え炒める。白菜等の野菜を加えてしんなりしてきたら、を加え沸騰させる。野菜に火が通ったら、美濃特選本造り米酢を加え、水溶き片栗粉をまわし入れ、とろみをつける。
3.12をかければ、できあがり。


komesu_recipe_b.jpg

美濃特選すし酢

水曜日, 5月 28th, 2014

美濃特選すし酢
ひと味違う寿司飯をご家庭にお届けします。

原材料は米酢、砂糖、天日塩、昆布かつおだし。
米酢の豊かな香り、利尻昆布だしの深い旨み、砂糖のまろやかな甘み、味をまとめる天日塩の塩み。
バランスよく合わせた「美濃 特選すし酢」は、ネタの旨みを引き立てます。
酢の物にも、そのままかけてお使いいただけます。
お好みの油と合わせて、
ドレッシングやマリネ液としてもお使いください。

≪すしごはん作りのコツ≫
すし酢の分量
米1合(ご飯約 320g)に大さじ2杯(30ml)の割合が目安です。
ご飯の炊き方
通常ご飯を炊くときの水の分量より、気持ち少なめの水で炊きます。
よく「固めにご飯を炊く」と言いますが、固すぎるとふんわりとしたすしごはんができあがらないため、通常の水の分量と変わらない程度でもかまいません。

すし酢とご飯の合わせ方

必要な道具・・・
・すし桶(なければ大きいボウル)
・しゃもじ
・うちわ
※すし桶で作る場合は、事前にすし桶に水を張り、水を吸わせておきます。
使う直前に水を捨て、濡れさらし等で水滴が残らないように拭いておきます。
イメージ

1.すし桶に炊いた温かいご飯を広げます。
冷めたご飯を使用すると、すし酢を吸わず、べちゃっとしてしまうので、必ずあたたかいご飯を使います。
2.すし酢をまんべんなくご飯にまわしかけます。10秒程ご飯がすし酢を吸うのを待ってから、米粒をつぶさないようにしゃもじで切り混ぜます。このとき、うちわはまだ使いません。
3.全体にすし酢が混ざりつややかに輝いたら、うちわで扇ぎながら切り混ぜ、ひと肌まで冷めればできあがりです。

≪すし酢活用レシピ≫
タンドリーチキン(2人分)

材料
鶏手羽元 6本
・・・美濃 特選すし酢 大さじ2
おろしにんにく 小さじ1
おろし生姜 小さじ1
カレー粉 大さじ1
トマトケチャップ 大さじ1
塩 小さじ1
タンドリーチキンイメージ

作り方
1.ポリ袋にを入れて混ぜ、鶏手羽元を入れてからめる。空気を抜いて袋をとじ、1時間くらい置いておく。
2.天板にクッキングシートを敷いて、1の鶏手羽元を並べ、200度に予熱したオーブンで焼く30分焼く。鶏手羽元の中心まで火が通ればできあがり。お好みでぎゃがいもやパプリカも一緒に漬け込んで焼くと、彩がよくなります。

美濃 特選すし酢 レシピ